↑PAGE TOP

税理士 紹介の実績4000件を越える満足度No.1の税理士の紹介サイト

「て」から始まる用語

「定率減税額」(ていりつげんぜいがく)

定率減税額(ていりつげんぜいがく)とは、平成18年分の所得税については、経過措置として定率減税額が年税額の10%相当額(ただし、12万5千円を限度とする。)が控除されていましたが、平成19年分の所得税から定率減税は廃止となります。

詳しい解説はこちら

「DCF法」(でぃーしーえふ)

DCF法(でぃーしーえふ)とは、ディスカウンティッド・キャッシュ・フロー法の略。

詳しい解説はこちら

「提携」(ていけい)

提携(ていけい)とは、互いに助け合い、共同で物事を行うこと。

詳しい解説はこちら

「ディスクロジャー」(でぃすくろじゃー)

ディスクロジャー(でぃすくろじゃー)とは、情報開示。企業などが情報を公開すること。

詳しい解説はこちら

「転記」(てんき)

転記(てんき)とは、取引の発生を仕訳して仕訳帳に記入した後、元帳(総勘定元帳)に書き移すこと。

詳しい解説はこちら

「伝票」(でんぴょう)

伝票(でんぴょう)とは、取引内容を証明するために発行される簡単な書類で、取引の要点(日付、取引内容、数量、金額、取引先)が書かれている。

詳しい解説はこちら

「転換予約権付株式」(てんかんよやくけんつきかぶしき)

転換予約権付株式(てんかんよやくけんつきかぶしき)とは、株主の要望で他の種類の株式に転換することができる株式。

詳しい解説はこちら

「定率法」(ていりつほう)

定率法(ていりつほう)とは、減価償却の方法の1つ。

詳しい解説はこちら

「定額法」(ていがくほう)

定額法(ていがくほう)とは、減価償却の方法の1つで、毎年、一定の額を償却していく方法をいう。

詳しい解説はこちら

「定時株主総会」(ていじかぶぬしそうかい)

定時株主総会(ていじかぶぬしそうかい)とは、1年に1度召集される株主総会。

詳しい解説はこちら