↑PAGE TOP

税理士 紹介の実績4000件を越える満足度No.1の税理士の紹介サイト

成功事例の紹介~お客様の声~

税理士と付き合うコツは「ビジョンの共有」とすること

― 事業内容を教えて下さい。

中村:現在六期目の会社ですが、七年前からビジネスをしていました。
当初は古着のネットショップをしていました。商品の注文も入ってきましたし、それなりに売上も上げることはできました。ただ、商品の性格上一点物のため、撮影やHPの更新業務の手間が徐々に膨大になってしまい、コストと見合わなくなってしまいました。そこで商材を転換し、現在扱っている「ダーツ」「メンズスキンケア」の商材にしたのです。
その時期に個人事業主から法人化しました。ダーツは在庫の管理こそ煩雑ですが、商品が小さいこともあり、置き場には苦労しません。当時は競合も少なく、売上も徐々に上がっていきました。現在では取扱商品点数五千点を越える、国内最大級の老舗オンラインダーツショップにまでなりました。
メンズスキンケアは、スキンケア用品からシェービング用品、ネイル用品、香水まで「男を磨く全ての方にメンズ専門のトータルビューティーサイト」の運営をしています。男性のスキンケアに対する意識も変化しておりますので、弊社としては追い風が吹いている感じですね。

― 設立当初は税務に対する不安はありましたか?

中村:不安はありましたね。特に、決算対策と数値管理が不安でした。
売上がどのくらいという大体のことは感覚的に分かっていましたが、月次で数字を管理することもなかったので、正直決算が来るまでは不安でした。その他にも、在庫の管理や資金繰りなど心配事がたくさんありました。雑用に追われて忙しかったため、なかなかその辺りに手が回りませんでした。その時にこのままではいけないと感じ、税理士の先生に依頼をしようと思ったのです。

― どんな税理士と付き合いたいと思いましたか?

中村:当初は、税理士の先生がどのようなサービスをしてくれるのか分からなかったので、レスポンスが良さそうという理由だけで、事務所の向かいにある税理士の先生に依頼をしました。今は二人目の先生なのですが、一人目の先生は、経理的な処理や融資関連などのアドバイスをもらっていました。しかし、ただ決算のためのだけの経理処理をしているという物足りなさを感じたのもあり、次の税理士の先生を探そうと思いました。

― なぜ代えようと思われたのですか?

中村:私には会社を大きくするという夢がありましたし、管理体制もしっかりと整備したいという思いがあったのです。やはり、会社を大きくするためには、短期的な決算処理だけではなく、長期的に見た資金繰りを含めた融資などのアドバイスや在庫管理、仕入管理、といった管理を効率良く動かすための高度な助言が必要だと思いました。従業員も三人、五人、十人とどんどん増えていきましたし、資金効率を含めたアドバイスを非常に必要としていました。そこで、思い切って『会社を私と一緒に育てていただける税理士を探そう』と思い立ったのです。

本業の経営に集中できるようになった

― 二人目の先生とはどのような経緯で出会われたのですか?

中村:お付き合いのあるインフォランスさんが、千二〇〇名以上の中から最適な税理士の先生を紹介する「せんもんか紹介ネット」を運営されていて、依頼をしたのがきっかけです。そこでインフォランスさんの顧問税理士でもある前川八彦先生を紹介していただきました。

― 初めて前川先生とお会いした時はどのような印象でしたか?

中村:前川先生に対する私のインスピレーションはとても良く、その時に「この先生だったら一緒に会社を育てていただける」と思ったのです。そこで私は会社の全てをお話しさせていただきました。そのインスピレーションは今になっても正しかったと思います。お付き合いさせていただいてからも予想通りのサービスを提供していただいています。

― 先生のどのような点を見られていましたか?

中村:私は、「この人に自分の財布を預けられるか」という観点から見ていました。やはり、税理士選びは会社の今後を左右することにもなりかねません。自分の妻を選ぶような感覚で、「この人と会社を大きくしていくんだ」という気持ちで選びました。その他にも、前川先生の真剣度合いや、熱い気持ちも見ました。前川先生はその全てにおいて良かったですね。

― 前川先生になって、管理体制はどのように変化しましたか? 

中村:具体的には、以前は決算書類を作るためだけの経理業務や雑務に追われ、仕入れや在庫管理、資金繰りが安定せず四苦八苦していましたが、前川先生にお願いするようになってからは除々に作業が軽くなり経営も安定してきました。そうなったのも、月次でデータを分析し数値でしっかり管理できるようになり、心にも余裕が生まれたからだと思います。前川先生からは、業界の平均値や仕入れをどのぐらいの頻度ですると効率が良いのかなど、自分ではなかなか手に入らない貴重な情報や、長期的に会社を安定させてくれる資金繰りなど、様々な事を教えていただいています。
昔は決算時だけで四苦八苦していたものが、今では部門別で日次のデータをいつでも把握でき、数値で管理できるようになりました。これで、私は新たなビジネスモデルの構築や、戦略を練るといった本業の経営に集中できるようになったのです。

― 御社のビジョンをお聞かせ下さい 

中村:現在のビジネスをさらに成長させることと、現在のビジネスで得たお金をもとに、環境系のビジネスに参入していきたいと思います。具体的には、環境ビジネスをしている会社に出資をしたり、その中から業務提携をしたりと、様々な形で環境系の会社と協力関係を築き上げたいと考えています。もちろん、ボランティアではなく、ビジネスとしてステップアップしていきたいと考えています。大切なのは、このようなビジョンを、しっかりと税理士の先生に対しても共有することだと思っています。

奥さんに財布を任せるような信頼関係が大切です

― とても良いお付き合いをされていますが、何か「コツ」はありますか?
また、経営者はどのような働きかけを税理士にしていけば良いでしょうか?

中村:コツと言えるかは分かりませんが、先ほども述べました「ビジョンの共有」だと思います。
何もかもさらけ出し、しっかりと税理士の先生と想いを共有することです。多くの経営者は、社員にはビジョンを明確に伝えていると思います。しかし、先生も社員同様、会社の今後を背負っていく大切な存在です。特に、お金に関しては税理士の先生が一番重要な存在になってきます。先生とも「ビジョンの共有」をすることで、例えば、会社が私の気づかないうちに間違った方向に向いていれば指摘し軌道修正してくれますし、ゴールに向かって一緒に走っていれば、そのゴールに向かうための適切なアドバイスもいただけます。ビジョンを共有することで、先生もそれに応じて力になってくれるのです。やはり、想いを伝えることが良い付き合いをする上でとても大切なことだと思います。  また、税理士の先生は、多くの関与先をお持ちですし、様々な業種の会社を見てきています。客観的な意見をいただけてとても頼りになる存在です。

― 今後、今の税理士とどのような関係を築き上げていきたいですか?

中村:「一緒に成長していける関係」を継続していきたいと思います。弊社の成長につながるアドバイスをしていただいて、一緒に会社を育てていけるような関係を築き上げていきたいと思います。

― これから税理士とお付き合いをしようとお考えの経営者にアドバイスできるとしたら?

中村:やはり、「この人だったら信頼できる」というフィーリングが一番大切です。
言い換えると、「奥さんに財布を任せるような関係ができるか」ということだと思います。優秀な税理士の先生は数多くいるはずですが、相性が合うか合わないかはとても大切になってきますからね。また、経理などに時間を取られるよりは、プロに任せた方が良いと思います。本業に集中するためです。私も今までの経験からですが、雑務に時間を取られ過ぎて本業がおろそかになることがあります。 税理士の先生を信頼し、社長の想いを共有することで、一緒に問題点を探し出し、一歩一歩会社を成長させていくのが良いと思います。 「この人だったら信頼できる」と信じて、全てをさらけ出す。
それは、実際にやろうとすると、なかなか難しいことかも知れません。しかし、ありのままの現状を税理士の先生に見ていただくことで、会社は最も真摯で客観的な、「経営分析の目」と「相談相手」を持つことができます。まさに奥さんに財布を任せるくらいオープンな関係を築くことが、先生と共に成長していくための鍵だと言えるかもしれません。

ロゴ
社名 株式会社 アールオーエヌ
英字名 RON corporation
本社 埼玉県戸田市上戸田20-1 東洋コントロールビル2階
設立 2004年7月
資本金 1000万円
代表取締役 中村 純
連絡先 TEL:048-447-7644
FAX:048-447-7643
メールアドレス info@ron.co.jp
会社サイト http://www.ron.co.jp/
事業内容 ・ペット用品グッズ販売ペットベリー
・ダーツブランド エッジスポーツ
・スキンケアブランド レテン
・メンズスキンケアショップ エムコスメ
・オンラインダーツショップ エスダーツ
・ダーツブランド エスフォー
・LETS TOILES DU SOLEIL
・ダーツスポット検索サイト ダーツでGO!!
・プロフィール作成サイト ペットのプロフ
税理士紹介ならせんもんか紹介ネット