↑PAGE TOP

税理士 紹介の実績4000件を越える満足度No.1の税理士の紹介サイト

成功事例の紹介~お客様の声~

税理士との付き合いに非常に満足している事例です。

「税理士と一緒に成長する」ZUTTO株式会社 ZUTTO株式会社は企業の利益追求と社会貢献、私達の生活と地球環境のバランスを保ちながら、企業としての社会的存在価値を高める様々なサービスを展開。その代表取締役である松本社長は、税理士と7年間お付き合いし、こまめに連絡を取り合うよい関係を築いている。松本社長に税理士と上手く付き合うコツを聞いた。

会社設立時から7年間。経営者仲間という感覚でお付き合いしています。

― 今の税理士と出会われたきっかけは何ですか?

松本:7年前、会社を始めたばかりの頃に、紹介してもらいました。「税理士に任せないと大変だよ」と聞いたので、税理士の大槻さんを紹介してもらったのがきっかけですね。

― 独立される前はどんなことをされていましたか? また、税理士に対するイメージはどのようなものでしたか?

松本:私は、会社を立ち上げる前はバイクのレースをしていて引退後は約半年間オーストラリアを旅していました。そのため、会社を設立した当時は、税理士という職業があることすら知りませんでした。税理士の先生にお願いするまでは「会社の財布にお金があって、その中からお金を出す。」ということをしていましたね。今では考えられないですけど(笑)。本当に会計の知識も税務の知識もなかったので、言われるがままに、紹介していただいた年の近い税理士の大槻さんとお付き合いすることになりました。今年で設立から7年ですが、最初からずっと大槻さんに税務関連の業務をお願いしています。

― 税理士先生の第一印象はどのようなものでしたか?

松本:「若い税理士はあまりいないからいいよ」と紹介していただいて真面目で一生懸命な方だなと感じました。ちょうど独立したのも同じ時期で、年も近く話しやすかったので、友達感覚ではありませんが、経営者仲間といった感覚で付き合っています。以前私のオフィスが赤坂にあった頃、大槻さんの事務所は多摩センター駅にありましたので、電車一本、乗り継ぎもなくお互いに行き来ができました。今でも月に2回くらいは会うようにしています。経営者仲間と言っても顧問税理士ですから、大槻さんには他の経営者に相談できないことも、お互いに気兼ねなく相談できるので助かっていますね。

― 当時の事業内容について教えて下さい。

松本:設立当初からWebサイトの制作、保守管理や、ECサイトの構築も手がけていました。まだECサイトが出始めの頃で、インターネットの回線速度もかなり遅かったですね(笑)。

― 経営していく上で不安はありましたか?

松本:「経営とは何なのか?」ということ自体が良く分かっていなかったので、ただがむしゃらに働きました。とりあえずエンドユーザーや企業からお金をもらって、その範囲内でやりくりをする。そして、残りを利益にしないといけないという感 覚しかなかったですね。もらうお金より、払うお金を少なくするということしか考えていませんでした。当時の社員は3人で、営業は自分でしていました。交流会に誘われれば何でも行っていました。当時出会った人の中には、今でも交流のある方もいます。

― 税理士の先生にはどのような業務をお願いされていましたか?

松本:出会ってから3年間は社内の庶務担当が経理処理をしていたので、先生には主に税務関係のアドバイス業務をお願いしていました。ほとんど決算だけの対応をしてもらっていましたね。やはり会計や税務の知識がなかったので、先生のアドバイスでその不安が解消されていきました。4年目からは、取引先も増えてきたので、社内の会計ルールの仕組みを相談しながら構築していきました。今では、私だけでなく他の役員や社員もやりとりがスムーズにできるようにルールを整え、月次申請、給与計算から振込み申請まで、ほとんど全ての管理業務をお願いしています。

― 管理業務の完全アウトソーシングですね。

松本:そうですね。私は、管理業務の仕組みを極力シンプルにしたいと考えていますから、税理士の先生で管理した方が良いものは直接先生に任せ、決済が必要なものは、私や他の役員で管理する。領収書等の入力や、給与計算等、管理業務に経営資源を使うのであれば、その道のプロに任せた方が良いと思うんです。そうすることで、私以外の役員や社員にも情報の共有が正確にできます。お互いに煩雑にならないように気をつけていますよ。

どんな小さなことであっても分からなければすぐに電話しています。

― 税理士先生に、経営の相談はされていますか?

松本:大槻さんとお話するのは、主に税務や会計に関する相談です。経営の相談は税理士にするべきことではないと思っています。先程ご説明した、会計ルールの構築や税金に対する話がメインですね。資金繰りに関する銀行との交渉や枠作り、事業計画書のベース作成は自分でしています。そのベースを基に大槻さんと入念に打ち合わせを重ねます。

大槻さんと話をするのは、税金の問題がほとんどです。後は会計のルールや管理のルールを決めていくぐらいですね。私の場合、まず自分たちがやりたいと思うことが先にあって、「こうしたいけど、これでいいですか?」とか「これでいいと思いますか?」という聞き方をします。私は質問上手なのかもしれません。分からなければ、聞くことが重要ですよね。

私は昔から、どんな小さなことでも、分からないことがあればその道のプロにしつこく聞いてきました。レースをしていた頃は、サスペンションの微妙なセッティングで気になる点があれば、サスペンションのプロに聞いていましたし、タイヤについてはタイヤのプロに聞いていました。何でも納得のいくまで聞くことが一番大切だと思いますね。分からないことをそのまま放置しておくと後々問題になりますからね。

― 経営者が税理士に抱える不満として、税理士からアプローチがないことが挙げられますが、松本社長はいい関係を築かれていますね!

松本:ほとんど毎日大槻さんに電話をかけていますよ。うるさいぐらいに(笑)。何か分からないことがあったら、すぐに携帯に電話したり、メールを送ったりしています。たまに税務とは関係ないことも聞いて、「さすがに分かりません」と言われたりします。相手からしたら、またかって感じかもしれませんね(笑)。

でも、何か聞くとすぐに答えを返してくれますし、もし忙しい場合は「あとでお返事します!」とレスポンスをくれます。お会いした時はだいたいランチを一緒に食べます。食事をしながら税務のことを聞いたり、逆にホームページの相談を受けることもあります。他にも社内ゴルフに参加してもらったり、忘年会に来てもらったりもします。 

― 7年前と今とでは、先生とのお付き合いに対する考え方に変化はありますか?

松本:…全くないですね。設立も同じ時期ですし、「共に成長している」という感じです。 ――税理士の先生にはどのような業務をお願いされていましたか?松本:出会ってから3年間は社内の庶務担当が経理処理をしていたので、先生には主に税務関係のアドバイス業務をお願いしていました。ほとんど決算だけの対応をしてもらっていましたね。
やはり会計や税務の知識がなかったので、先生のアドバイスでその不安が解消されていきました。4年目からは、取引先も増えてきたので、社内の会計ルールの仕組みを相談しながら構築していきました。今では、私だけでなく他の役員や社員もやりとりがスムーズにできるようにルールを整え、月次申請、給与計算から振込み申請まで、ほとんど全ての管理業務をお願いしています。

― 管理業務の完全アウトソーシングですね。

松本:そうですね。私は、管理業務の仕組みを極力シンプルにしたいと考えていますから、税理士の先生で管理した方が良いものは直接先生に任せ、決済が必要なものは、私や他の役員で管理する。領収書等の入力や、給与計算等、管理業務に経営資源を使うのであれば、その道のプロに任せた方が良いと思うんです。そうすることで、私以外の役員や社員にも情報の共有が正確にできます。お互いに煩雑にならないように気をつけていますよ。どんな小さなことであっても分からなければすぐに電話しています。

― 税理士と上手く付き合うコツはどのようなところでしょうか?

松本:僕が素人だったから良かったのかもしれません。会計や税務、税理士業界や税理士に対するイメージ等、何も知らない状況だったからこそ、大槻さんと良い関係になれたのだと思います。人との関係を、初めからこういうものだと決めてしまうのはよくありませんよね。

税理士とはこういうものだというスタンダードを知っていたら、変な遠慮をしていたかもしれません。やはり、遠慮せずに「何でも聞くこと」が上手く付き合うコツだと思います。そうすることで「コミュニケーション」が蜜になっていくからです。あとは、長く付き合う上で、気が合うというのも大切な要素だと思います。

― 最後に、松本社長の経営に対するスタンスを教えて下さい。

松本:何に対しても、バランスには気をつけています。会社でも事業でも何かに偏りすぎたり固執してしまうと、うまくいかないですね。例えば、会社は経営理念がとても立派なものでも、お金がなければ経営が成り立ちませんし、かといってお金だけに執着しすぎると何か問題が発生する事があります。仕事とプライベートのバランスも大切です。経済では、需要と供給のバランスが崩れると、インフレやデフレを引き起こします。上があるから下があって、太陽が沈んで月が出る。なんというか対極というか、そういう存在があってバランスをとりながら世の中が成り立っているんだなあって思っています。

また、私はあまり自分の考えで経営しないようにしています。それが私の経営スタンスかもしれないですね。「自分がこれをやりたい」とか「こっちだ!」とか、自分の主観だけで物事を判断しません。だいたい私が言うことは経験上間違っていますから(笑)。商品にしても、自分より女性社員が選んだものが良く売れたりします。もちろん最終的に判断をするのは自分です。ただ、主観を入れすぎないようにして、たくさんの情報の中から考慮して「たぶんこっちだろうな」と、見聞きしたものから総合的に判断しています。事業でも、同じ話を違う人から聞いたり、縁のある人と偶然結びついたりする状況であれば、その道に進むべきだと判断します。偶然の産物かもしれませんが、偶然は今まで頭の中に溜まった情報や判断材料から出たことだと思うからです。

こうした考えから、大槻さんにもとにかくしつこく聞くようにしていますし、密に連絡を取り合っているからこそうまくお付き合いできているのだと思います。 松本社長と大槻税理士のように、「先生」と「社長」ではなく「経営者同士」として何でも聞き合う関係性を作ることが、うまく付き合うコツなのだと感じました。先入観やしがらみから遠慮をしてしまい、はっきりものが言えないのはお互いにとってよくありません。まずは些細なことでもすぐ連絡を取るように意識するのも、一緒に成長する ことにつながるのではないでしょうか。

ロゴ
社名 ZUTTO株式会社
英字名 英文名 ZUTTO, Inc.
本社 〒136-0082 東京都江東区新木場2-9-7
設立 2002年7月(決算月2月)
資本金 1,000万円
代表取締役 松本 靖行
連絡先 TEL:03-5843-2100
FAX:03-3521-7881
メールアドレス info@zutto.co.jp
会社サイト http://info.zutto.co.jp/
事業内容 ・ZUTTOなビジネスの企画・開発・運営
・オンラインショップの企画・構築・運営
・ZUTTOな商品の企画・開発・販売
税理士紹介ならせんもんか紹介ネット