↑PAGE TOP

税理士 紹介の実績4000件を越える満足度No.1の税理士の紹介サイト
実績のある税理士をご紹介

  • 会社設立・新規
  • 決算・節税
  • 記帳・経理代行
  • 税理士変更
  • 相続
  • 事業承継・M&A

時代遅れじゃない税理士を顧問にしましょう

その3つの決め手はこちら

時代遅れの税理士だとやり取りが大変

日本全国の税理士の数は約78,000人。そして税理士の平均年齢は60歳を超えています。一般企業では定年がありますが、税理士には定年がありません。そのため、高齢な税理士が多いのが現状です。 その平均年齢が高いのが原因なのか、インターネットやツールが発達している現代社会において、新しい手法についてこれない税理士が多くなっています。 LINEが使えない、メールが苦手でSMSメッセージだけしか使えない、クラウドのシステムが使えない…など、一般的なツールが使えないことで、顧問税理士とのやり取りに不便さを感じている経営者が多くいます。 最低限のツールが使える税理士を顧問にしないと、見えない部分で多くの不都合が発生してしまいます。

コミュニケーションが取れる税理士を顧問にしよう

顧問税理士に不満を抱えている経営者の大きな原因が、コミュニケーション不足を発端としています。 「経営アドバイスが無い」、「節税アドバイスが無い」、「融資相談に乗ってくれない」、「新しいことを教えてくれない」など…。実はこれらは普段からコミュニケーションが取れていれば解決できる問題だったのです。 定期的なコミュニケーションをルールとしてひくことで、これらの問題は一気に解決に向かいます。

ちゃんとやってくれる税理士を選ぼう

質問です。一般的には当然のことなのですが、毎月の月次会計をやっていますか? せめて1ヶ月遅れくらいでは会社の数字を把握できていますか? こんな基本中の基本をやれていない会社がたくさんあります。これは顧問税理士の業務としてとても重要な仕事です。これ無しに毎月の顧問料を支払う理由がありません。 「毎月の記帳をちゃんとやる」、「社長と定期的に話す」、「LINEとか使ってなんでも相談しやすい関係を作る」、「社長側に立って考える」、「税務調査で社長を守る」…。 こんな当たり前なことを当たり前にやる税理士を顧問にしましょう。それをせずに窮屈な経営をしているとしたら、それは社長の経営判断ミス、自己責任ということになります。

税理士紹介なら税理士紹介ネット